<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

そしてまた石けん
0
     

    今日も石けんのお話。

    これは初めて作った石けん。
    記念に4個ほど残してあったのだけど
    マカダミアナッツ石けんがとてもいい子に育っていたので
    これはどうかなと使ってみると、やっぱり泡立ちが良くなっていた。
    オリーブオイルとラードだけのシンプルな石けんだけど
    きめ細かくてもちもちの泡。

    このまんまるはプリングルスのパッケージが型。
    3月の寒い時だったんでフリース地の布でくるんで
    何度も温度を確かめてみたりして
    嬉しくて気になって仕方なかったもんだけど
    今ときたら型から出してもカットするのめんどくさいなぁ
    なんて熱の冷めよう。


    話変わって、シャンプーはずっと緑のアジエンスを使っているけれど
    最近は大島椿オイルシャンプーを使っている。
    どちらかと言うと石けんシャンプーって感じ。
    ただ、ポンプタイプじゃないので使いにくく
    メーカーは違うんだけどこういうのを買ってみた。

    ここのお店のいいところは1980円以上で送料無料になるところ。
    まだ使っていないのでなんとも言えないけれど
    大島椿はリンスインなのに対してこちらはコンディショナーがあるので
    仕上がりが違うかもしれないなぁ。

    JUGEMテーマ:趣味

    :手作り石鹸::
    | comments(6) | - |
    5年前の石けん
    0
      手作り石けんにハマったのは2006年3月の事だった。
      あれからもう5年も経つのか・・・シミジミ

      当時は石けんに関する何もかもが新鮮で楽しく夢中だった。
      けれど、在庫が増え次第に作る回数も減ってきて・・・。
      そして今は、ストック魔の私が在庫が減って行く事に喜びを感じている
      と言ったちょっと変な状態。

      だんだん減って行く中で、気に入らなくてずっと放置されていたのがこれ。

      マカダミアナッツ油100%

      ネット販売の安いマカダミアナッツオイルは、なんだかすごく臭い油で
      解禁を迎えてもまだ変な匂いで泡立ちの悪い石けんだったけど
      5年経って使ってみたら、とても泡立ちが良くなっていてビックリ。
      だけど、5年も経ったと言うのにまだ柔らかいのにもビックリだった。
      (溶け崩れやすいと言う意味での柔らかい)

      そしてこの六角形の型はどうやって作ったんだったかなぁ
      と記憶があいまいになっている事にもビックリ。

      JUGEMテーマ:趣味
      :手作り石鹸::
      | comments(4) | - |
      パパのシャンプーバー
      0
        シャンプーバー

        パパが「もっと泡持ちのいい石けんがいい」と言うので
        いつものレシピを少々改良してみたら、きめの細かいよい泡が立つ石けんが出来た。
        気に入ってくれたのはいいけど、カットの時にボロボロと崩れちゃう。
        今回、塩を入れてみたんだけど量的には多くはなかったはず。
        次回はもうちょっと減らしとこう。

        それにしても写真うつり、わるっ!
        最近は写真を撮ることに全然熱意がない。

        JUGEMテーマ:趣味


        :手作り石鹸::
        | comments(4) | - |
        今年最後のご挨拶と石けん
        0
          ユキノシタ マカダミアVer.
          ユキノシタ マカダミアVer.

          友人のだんなさまがユキノシタ石けんを気に入ってくれたと聞いたので
          以前のレシピのスイートアーモンドをマカダミアナッツに置き換えた石けん。
          特別な意図はなく、スイートアーモンドの在庫がなかっただけ。

          以前の写真と今回の出来栄えを比べると、なんだかなぁの仕上がり。


          最高かな?に贅沢な石けん
          最高かな?に贅沢な石けん

          これは前田京子さんの『最高に贅沢な石けん』のレシピの
          スイートアーモンドをマカダミアナッツに置き換えて生ヨモギを加えたもの。
          型入れから型出しまで6日もほったらかしだったのであります。

          どちらの石けんもジェル化させてしまいガッカリ。
          今年を振り返ると、なんだかなぁという石けんが多く
          以前に比べると作る頻度が落ちたせいで、在庫オイルを消費するために
          やっつけで作った感がいなめない作品が多かったなぁ。
          兎に角、今年の石けん作りはこれにて終了でございます。

          先日、久し振りに塩入りの石けんを使ったところ、やっぱりいい感じだったので
          来年一番最初の石けんは塩入りと決めております。
          他の石けんと比較すると、塩入りは結構作った割には在庫が殆どない事が
          お気に入り度を語っているのかも。


          さて、今年も残すところ後わずか。
          みなさまに於いてはどのような一年だったでしょうか。
          我が家の場合、何よりも家族が健康であったし
          (犬が何度か病院に行ったけど大事に至らず)
          息子も無事進学出来たし、幸せな一年だったと言えるかも。

          来年からの私の座右の銘は『一期一会・無償の愛』に決定。
          ・・・数ヵ月後には忘れていそうな気もするけど。
          来年からのって言い方も変だけど、今までそういうのなかったから。
          短気(父譲り)でせっかち(母譲り)な性格が本当にいやで
          これもどうにか直したいと思うのだけどねぇ・・・。
          直らないだろうけど、抑える努力が出来るぐらいにはなりたい^^;

          ま、戯言はこのぐらいにしておきまして・・・

          今年もお世話になりました。
          現実を離れたネット上でのお付合いが
          私にとって支えとなった一年でもあったように思います。
          ありがとう。

          来年は今よりももう少し精神的に安定したいと思っておりますので
          なにとぞお見捨てなきよう。

          それではみなさま、良い年をお迎えください。

          JUGEMテーマ:趣味


          :手作り石鹸::
          | comments(13) | - |
          漢字で書け、漢字で!
          0
            昨日、大阪地裁は、詐欺と恐喝未遂に問われていた羽賀研二に無罪の判決を下した。
            そして夕刊記事の見出しには

            「羽賀さん 拳を口に・・・おえつ」

            なんでまた羽賀研二が拳を口に突っ込んでえづいてるのかと
            いぶかりながら記事を読んで納得。
            無罪判決に感無量の羽賀研二が拳を口にあてておえつを漏らしたのね。

            「おえつ」じゃなくて「嗚咽」って漢字で書いてくれよー。
            しかも「・・・」が「おえつ」を「おえっ」と読み違えるのに拍車をかけてるし。

            近頃は新聞の中で「こんなのひらがなで書くの?」
            と思うような単語をよく見かけるような気がする。
            ゆとり教育で覚えられる漢字が減ったのか?

            しかし誠意大将軍も地に落ちたなぁ。
            ま「誠意、誠意」って言ってる時点で嘘くさかった。
            今までの素行を思うと、羽賀研二が嗚咽を漏らそうがえづこうが
            可哀想でもなんでもないわな。


            そんなこんなで、こちら最近作った失敗石けん。



            みどり色の層は、大分前に母がくれた冷凍生よもぎを入れたもの。
            乾燥よもぎと違って、鮮やかなグリーンだったけれど
            時間が経過すると共にだんだん色褪せてきてしまった。
            真ん中はピンククレイ。
            自分としてはもっと淡い色合いにするつもりだったのに
            これじゃ残りの層が白ならひな祭りの菱餅だな。
            層の高さの割合にしても、バッチサイズを変えた割には
            思い切り「三段です!」っていうセンスのなさだし・・・。

            そして究極の失敗は・・・



            実はこのマーブルの層。
            ミリスチン酸をあなどっていたー!
            ミリスチン酸が入ると、苛性ソーダ液を入れてすぐに生地が重くなる。
            でも、泡だて器で20分混ぜてもほぼ同じ状態なので
            これはきっと擬似トレースだなと思い
            今回はブレンダーでぶーんぶーんと調子に乗って混ぜていた。
            すると、あれよあれよと言う間にトレース出過ぎで
            綺麗なマーブルにもならんわカチンコチンだわでガッカリ。

            層を壊しそうで控えめに押し込んだ分はこんな悲惨な事になったのでした。

            JUGEMテーマ:趣味


            :手作り石鹸::
            | comments(12) | - |
            スイートアーモンドと残り物石けん
            0


              10月9日に作った、スイートアーモンド20%配合の石けん。
              香りはヒノキメインのウッディー系にしたけれど
              ブレンドが悪かったのかさヒノキの香りが弱かった。



              10月13日に作った、残り物オイルブレンド石けん。
              茶油、オリーブ、ココナツ、マカダミア、ミリスチン
              スイートアーモンド、グレープシード、ラード

              ミリスチンを入れると、苛性ソーダ水を入れてすぐに生地が重くなるけれど
              そのまま20分攪拌し続けてもさほど固さに変りは無いので
              慌てずにグルグルするほうが賢明かな。

              次はいつ作ろう。
              石けんを作る事に飽きたわけではないけれど
              同居が始まってからは遠慮しつつキッチンを使っているので
              どうしても遠のいちゃう。
              時間の掛かる成形パンも同様だ。

              JUGEMテーマ:趣味


              :手作り石鹸::
              | - | - |
              紙吹雪
              0
                かみふぶき

                くず石けんを使うつもりで、作る前から『紙吹雪』と命名した石けんだけど
                思ったほど吹雪いてないな、こりゃ。

                使用オイルは、茶油・ラード・ココナッツ・ひまし油・マカダミアナッツで
                ホホバオイルでスーパーファット。
                今まで作った石けんの中で一番マットな真っ白石けんに仕上がった。

                前回の黒トレハSFホホバもそうだったんだけど
                すっごくやわやわな石けんになったのはスーパーファットが原因?
                四日後スッポンな型出しで、カットはさらに二日後。

                過去の記録ノートを見ていると、ホホバオイルを入れた石けんは
                なんだか石けんが蝋のように膜を張った質感になるような・・・。
                思い過ごしかな。

                ジュニパーベリー・ヒノキ・ベルガモットで香りづけ。

                JUGEMテーマ:趣味
                続きを読む >>
                :手作り石鹸::
                | comments(4) | - |
                ミルクたまごと黒トレハSFホホバ
                0
                  カットしたては綺麗だったローズの石けんは・・・


                  空気にさらされると、やっぱり変色してしまったのでした。
                  コンフェティどこー?
                  ローズ


                  さてさて。
                  私の石けん熱はとどまる所を知らず、次に作ったのはミルクたまご。
                  ミルクたまご

                  ま、その名の通りミルクとたまご入りの石けんでございます。
                  いつも通りの温度で作ると、たまごが固まってしまうので
                  苛性ソーダ水もオイルも温度を25度まで下げて
                  まず、うす皮を取った卵黄を溶いたボールに
                  オイルを少しずつ注ぎ入れながら攪拌。
                  次に苛性ソーダ水を入れて、後はいつも通り
                  といった手順ですが、違う方法もあるのかなぁ。

                  そして黒トレハSFホホバ。
                  黒トレハ

                  パパの沖縄土産の黒砂糖とトレハロースを入れて
                  ホホバオイルでスーパーファットしたという、そのまんまの名前。
                  このマーブルはスギナの緑なんだけど
                  結構いい感じの模様になってると思わない?
                  でも、この明るいグリーンは時間が経つとだんだん深緑になるのでした。

                  JUGEMテーマ:趣味
                  :手作り石鹸::
                  | comments(6) | - |
                  石けん2種
                  0
                    義妹のだんなさんが単身赴任になってしまいました。
                    義妹は昨年末から体調が悪いそうで
                    だんなさんが何かと世話を焼いていたらしく
                    放っておけないので、義母が泊まりこんでいます。

                    久々にリビングを独占する日々。
                    という事で、立て続けに石けんを仕込んでおります。

                    これは、シャンプーを意識した石けんで
                    オプションは竹炭とスギナ、アロエパウダーにシルクファイバー。
                    マーブルにする段階で失敗したなぁと思っていたんだけど
                    カットしてみたらちょっと面白い模様になっていました。

                    しゃんぷーばー

                    でも、スギナの緑が完全に竹炭に負けちゃってる・・・↓

                    水分はカモミールティー。
                    そこにシルクファイバーを入れ、続いて苛性ソーダ投入したら
                    ぶわっと泡立って容器からこぼれちゃいました。
                    シルクファイバーを溶かしたのが悪かったのかと思っていたけれど
                    よーく考えたらカモミールティーを冷ましていなかったのが敗因。
                    水分も苛性ソーダも少々不足気味なのだけど
                    取り敢えずは普通に固まっております。


                    そしてこちらはローズハーブをミルした粉末入り。

                    ろーず

                    ローズパウダーを結構たくさん入れたのでもしかしたら香りが残るかもと
                    あえてEOは入れなかったけれど、今はオイルの香りしかしてないような・・・。
                    型入れの段階ではオレンジがかった綺麗な黄色だったので
                    緑色のコンフェ(よもぎ石けん)を入れたのに
                    型出しして空気が触れた部分からだんだん緑がかった茶色に・・・。
                    写真はまだカットしたてなのでコンフェが見えるけれど
                    熟成したら目立たなくなるだろうな。


                    そして昨日はたまご石けんも作りましたが、こちらの写真はまた後日。

                    JUGEMテーマ:趣味


                    :手作り石鹸::
                    | comments(6) | - |
                    今までで一番最適
                    0
                      先日、市販の石けんシャンプー用のリンスのことについて書いたけれど
                      このリンス、どうもベタっとした変な仕上がりなので
                      以前通り、クエン酸リンスに戻してみました。
                      石けんは最近お気に入りの茶油メインのこれ。



                      今までは、洗って乾かした時はさらさらでも
                      翌日は指どおりが悪かったり、キシキシしたりだったのが
                      石けんとリンスの相性がいいのか
                      はたまたリンスに入れた黒蜜がいいのか
                      なんせ兎に角今までで最高の仕上がり。
                      しっとりとやわらかでさらさら。

                      私の髪は多くて、固くて、癖毛の三重苦なんだけど
                      そういう髪質の人なら気に入ってもらえるかもなので
                      参考までにレシピを・・・。

                      *茶油石けん*(1000gバッチ)

                      茶油 350g
                      ヘーゼルナッツオイル 200g
                      ラード 250g 
                      ココナッツオイル 200g
                      精製水 350g 
                      苛性ソーダ 132g

                      アロエパウダー 大さじ1
                      ピンクモンモリオ 大さじ2

                      パチュリ 50滴
                      ラベンダー 50滴
                      ベルガモット 35滴


                      *クエン酸リンス*

                      クエン酸 50g
                      ホホバオイル 小さじ1
                      スクワランオイル(無印) 小さじ1
                      黒蜜 大さじ1

                      ローズマリー 7滴
                      ゼラニウム 3滴

                      以上を420mlのお湯で溶かす。
                      半分くらいお湯をはった洗面器に20mlぐらいを薄めて使用。


                      石けんについては、ヘーゼルナッツをスイートアーモンドに置き換えた物も
                      試験的に作ってみようと企み中。


                      JUGEMテーマ:趣味
                      :手作り石鹸::
                      | comments(5) | - |
                      | 1/6PAGES | >>