<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< マリコ炎上 | main | ファインディング・ドリー >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    :-::
    | - | - |
    祈りの幕が下りる時
    0
      評価:
      東野 圭吾
      講談社
      ¥ 1,400
      (2013-09-13)

      JUGEMテーマ:読書

      誰かに殺害されるなどと思いもよらない平凡な中年女性の死体と

      そこからさほど遠くない河原で発見されたホームレスの焼身死体。

      殺害現場に残されたカレンダーに記された橋の名前。

      そこに隠された謎と事件を巻き起こした人物の壮絶な人生。

       

      新参者でお馴染の加賀恭一郎。

      自身が幼い頃に姿を消した母の消息を辿っているが

      この二つの殺人事件の真相にせまりつつ

      姿を消した母の謎にも辿りつく。

       

      中だるみする事もなく一気に読めてしまう一冊。

       

      登紀子と加賀のこの先の展開も気になるところだし

      加賀恭一郎シリーズ、楽しみだ。

       

      :BOOK::
      | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        :-::
        | - | - |