<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< パラドックス13 | main | あしたの君へ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    :-::
    | - | - |
    少女
    0
      評価:
      湊 かなえ
      双葉社
      ¥ 669
      (2012-02-16)

      JUGEMテーマ:読書

      ボーっと読んでいたら女子高生の友情の話かなと思うけれど

      登場人物の人生に関わる人間が少しずつリンクしている。

       

      この物語では自殺者が3名、殺人未遂一件が起きるが

      どれもちょっとしたお仕置き気分でしたことが

      結局は相手を殺すことになっている。

       

      生徒の小説を盗作した教師

      その教師と付き合っていた女子高生

      痴漢の冤罪で家庭崩壊し職を失ったサラリーマン

      女子高生を脅すつもりが逆に脅されることになった

      変質的な中年男性。

      そしてその中年男性を虐げていた娘。

       

      悪い事をすれば必ずその裁きを受ける

      因果応報という言葉が何度か登場するが

      まさに悪意の連鎖だ。

       

      痴呆になった祖母に身も心も傷つけられ

      家族も振り回され、死ねばいいと思っている由紀。

      祖母が死ぬ時は枕元で

      「因果応報、地獄に落ちろ」と言ってやるのだ

      というくだりには笑える。

       

      :BOOK::
      | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        :-::
        | - | - |